アウトライト取引が分かればFXで損知らず

MENU

アウトライト取引

アウトライト取引は、さまざまな銘柄の市場においてその相場が変動していく方向を予測して、売り取引や買い取引を行う事によって、その差幅の利益を得て行くという取引方法になります。

企業の発行している株式による株券の取引や、債券の取引等では一般的な取引の方法になり、また為替取引では銘柄の買い戻しや売戻などの条件を付けない取引になり、買い注文なら買う事だけを行い、売り注文では売り注文だけを単独で行っていくことになります。

外国為替市場では、通常は異なる通貨を同じ数量で売り注文と買い注文の間において交換して利益を求めていく形の取引が行われていて、こうしたアウトライト取引は現在ではあまり行われていないとされています。

参考サイトはこちらです>>【ハイローオーストラリアが気になる?【口座開設と攻略法】はここで】



アウトライト取引では株式市場や外国為替市場などの相場の変動を利用し、その価格などが上昇したり、下降していくことを利用して、例えば銘柄を高く売ったり、または安く買ったりなどしてそこお粗利益を求めていくことになりますが、このアウトライト取引とは違う形の取引として裁定取引とも呼ばれているアービトラージ取引というものがあり、このアービトラージ取引と比較してアウトライト取引という言葉が用いられることもあります。

アービトラージ取引では、同じ銘柄であってもその価格が市場などによって違っていることや、先物での取引と実際の取引での価格に差異があることを利用し、その価格の高いほうを売って、価格の安いほうを買っておきます。
やがてこれは、それぞれの価格のゆがんでいる状態、つまり、適正な価格からの乖離部分が修正していくことになるので、高く売ったものを安く買い戻し、安く買ったものを高く売ることによって、その差益を求めていこうとする取引方法になっています。

こうした取引と比べアウトライト取引では、その市場による価格の違いのゆがみなどを利用して売買注文で利益を得るのではなく、市場のそのものも価格相場の変動を予測しておき、売り注文や買い注文を入れることで、その売買益を求めていこうというものになっていくのです。

また、アウトライト取引では直物取引や先物取引と呼ばれる先渡しの取引のように、一定の時点でその銘柄を交換することがその特徴となっていて、その決済の交換の時点が違う取引を、その取引と反対の取引を同時に行う取引をスワップ取引と言い、通貨などの売買が行われている銀行間同士の取引、インターバンク取引ではこのスワップ取引が良く行われており、アウトライト取引はあまり行われていせん。